ツアーご予約

国内初、国内最古の発見

img_02

TOPICS 世界的にも稀な、旧石器時代の貝の道具が見つかる

  2014年2月15日。沖縄県立博物館・美術館では、ガンガラーの谷にあるサキタリ洞遺跡(ケイブカフェ)で、約2万年前(旧石器時代)の地層から貝殻のビーズ(装飾品)や道具、人骨が見つかったと正式に発表しました。

国内では、縄文時代(約1万数千年〜2千数百年)の貝器は出土していますが、旧石器時代の遺跡から見つかるのは初めてのこと。国内初です。また、人骨と一緒に当時の人々が使っていた道具が発見された事例としても国内最古の例となります。

 貝殻のビーズはツノガイを加工したもので2点出土。貝製の道具は、二枚貝を扇状に割って鋭くしたもので、道具として加工。使用された痕跡が確認されています。
人骨は人の歯と足首の骨。他にも当時の人が食したと思われるモズグガニの爪、カワニナなどが多数発見されています。

 約2万年前の港川人の時代の人々が、今まで知られていた旧石器人のイメージとは大きく異なる生活を送っていた事が伺えます。まさに世界史的意義のある大きな発見です。

**これより先に、ガンガラーの谷では2012年に1万4千年前の地層から石器と人骨が発掘されています。沖縄では、港川人の時代から最古の土器が出現する約8千〜7千年前の間は人骨や遺跡がない空白期とされていましたが、同遺跡ではその空白を埋める成果が続いています。**

太古の時の扉を開くこの人に聞く

沖縄県立博物館・美術館 主任(人類学)山崎 真治さん

沖縄県立博物館・美術館 主任(人類学)山崎 真治さん

サキタリ洞はすごく特殊なんです。今を生きる人と大昔の人が同じ場所にいるんですから。

ガンガラーの谷における数々の発見に、

当初から携わってきた沖縄県立博物館の研究員・山崎真治さん。

発掘の経緯や何かを見つけた時の想い、

研究者にとってガンガラーの谷はどのような存在なのか、

今後の展開などを伺いました。

ガンガラーの谷との出会いと初めての発見について

img_11
img_12

 私たちはかねてより、港川人についての調査を行っていました。彼らはどこに住み、どんな暮らしをしていたかなどについて調べるものです。その一環として、ガンガラーの谷の武芸洞での発掘調査を行いました。そこでは、約7千年前の爪形文土器や約3千年前のお墓「石棺墓」(せっかんぼ)、そしてそこに眠る人骨など、数多くの新たな発見がありました。沖縄で洞窟の中から石棺墓が発見されたのはこれが初めてで、人骨は大変保存状態が良いうえに左腕には巻貝のビーズで出来た腕輪を身に付けていて、こうした状態で発見されるのも沖縄では初めてのことでした。ひとつの遺跡を小規模に調査しただけでこれだけの成果が得られるのはとても珍しいことです。

 「何があるのか分からない」「掘ってみないと分からない」。まさにそこに発掘の面白さがあるわけですが、ガンガラーの谷は予想もしなかった意外な発見がある所。次の発掘にかける想いがさらに高まりした。

サキタリ洞での新しい発見の経緯について

 武芸洞では縄文時代の造物を数多く発見できましたが、地形・地質要因などからも1万年前以前の物を見つけるのは無理だろうという結論に至りました。そこで旧石器時代、ガンガラーの谷を含む周辺の鍾乳洞群の中で形成時期が最も古いとされるサキタリ洞での発掘となりました。

 掘り始めた頃は、考古学的な物はほとんど出ず、発掘への迷いも生じましたが、掘り進めていくと、なんと約2万年前の物と思われる炭が見つかたんです。まさに港川人の時代の地層だ!と手がかりの発見を求めて発掘を続けた結果、一番上の約1万4千年前の地層からは、石英の石器と人の歯が一緒に出て来て、さらにその下の2万年前の地層からは海の貝でつくられた道具と人の歯が発見された・・・という経緯です。

 また、サキタリ洞の別の地区では、約9千年前の押引文土器が多数見つかり、これまで謎とされていた港川人の時代と縄文時代の間にあった空白の時を、いくらか埋める物の発見もありました。

img_16

なぜこれほど多くの遺物が見つかるのでしょうか

 まず1つは、洞窟は昔の人が住むのに適していたこと。もう1点は、洞窟は周りから土が流れ込み、古い地層ほど下に埋まり新しい地層ほど上になっていくため、地層がきちんと形成されているということ。つまり遺跡やがしっかりと埋まっていくことで、遺物が残りやすくなるんです。

 さらにここは、戦時中の避難壕としてもあまり使われなかったことや、戦後においては南都さんの方針でむやみに掘り返すのはやめようと、大事に保管されてきたことがあげられます。南都さんの高い意識で保存されてきたともいえます。

img_19

私たちが、歴史的発見を、身近に感じられるエピソードはありますか?

img_22

 ありますよ!ガンガラーの谷のすぐ近くに前川という部落あるのですが、そこではサキタリ洞を「カニグヮーガマ」と呼び、食糧としてカニを獲っていたそうです。サキタリ洞に住む旧石器時代の人も、ここで蟹を食していたことが分かっています。近代の人も2万年以上前の人と同じことをしているんです。なんだか強い繋がりを感じます。

img_25

 けれども最もスゴい!と思うのは、非常に貴重な遺跡がケイブカフェという何気ない場所・洞窟に保存され、古代の遺物が形をもって出て来ること、発見されることがスゴい。
一番の驚きです。その横でお茶をしたり、お喋りしたり、日常の時を過ごしている・・・。
同じ空間にいる・あるという気持ちで遺跡を見れば、遥かな遠い時代も身近に感じられると思います。

img_26

ここにしかない価値。ガンガラーの谷の可能性について。

 ガンガラーの谷では、化石や石器などがいろいろと発見されていることから、”遺跡とはそう
いうものでしょ”と思われがちですが、この状況は決して普通じゃありません。とても特殊な
ことです。日本列島の旧石器時代の遺跡は1万ヶ所ありますが、人骨とともに当時の人々が使っていた道具が発見されたのはガンガラーの谷だけ。しかもサキタリ洞ではいろんな地層から人骨が出てきています。
 このように、類例のない一番目の場所になるのですから、私たちは正確な情報を発信できるようさらなる研究にも努めなければなりません。沖縄にいつ人がやってきたのか、どこから来たのか。その手がかりを求めて遺物が無くなる所まで掘るつもりです。一番下の地層は4万年前、5万年前かもしれない。その可能性だってあるのですから———-。